子供のオモチャ整理

うちの息子は時々、

食事の途中に口の中に食べ物が入ったまま、
「ごちそうさま」しないで、お食事エプロンをしたまま遊び始めます。

家でも、タオルを二つに折った保育園用のタオルエプロンで食事させていますから、

丈が少し長めで、エプロンとしては必要な長さですが、

遊び用としてはちょっと注意が必要です。

おとなしく椅子に座って、お絵描きする時は腿までカバー出来て良いのですが、

部屋の中を動き回る時は、首に付けているだけに親の注意が必要です。

そして、部屋に沢山オモチャがあると食事に対するの集中力が薄れると思い、

先日オモチャ整理をしました。

あまり使わなくなったオモチャや、

忘れた頃に使っている様なオモチャを袋に入れて押し入れに片付けました。

そして、いつも配置して遊んでいるジオラマを作って御歳暮で貰った箱にならべてみました。

すると、「口に入れたまま」はまだまだですが、

最後まで食べてくれる様になった気がします。

しかも、なんと二日間もこの箱の中で自分流に並べ替えて遊んでいます!

パトカーやマグフォーマーは箱庭から出て遊ばれていましたが、

以前の様な箱やバケツに入ったオモチャをひっくり返す様な事は無くなりました。

きっと、お気に入りのオモチャを探していたんですね。

おかげで片付ける手間が無くなり、パパの時間が少し出来ました。

また、必要最低限のオモチャを与えられた子供は、

オモチャを大切にすると言われます。

子供の散らかしたオモチャに苦労されてる皆さんも一度試してくださいね!