単純ヘルペス

ヘルパンギーナでも、

手足口病でもなく、

ヘルペスでした。

 

水ぶくれが口の中のみでなく、唇や頬に出始めたのです。

手や足には出来てないので手足口病ではなく、

口の中だけでないのでヘルパンギーナでもありません。

この症状はヘルペスでは?と思い、掛かり付けの小児科病院へいきました。

診断結果は、単純ヘルペスでした。

初感染では発熱するらしいのです。

 

熱も普段位に下がったので良かったのですが、

高熱が続き様子がいつもと違ったり、

頭が痛いと言い出したら恐ろしい脳炎の可能性もある病気です。

 

特に、言葉がしゃべれない乳幼児の場合は気付いてあげる事が重要です!

小さい病院では風邪で済まされる場合もありますので、

薬を飲んでいても高熱が続いたり、様子がいつもの風邪と違ったりしたら要注意です。

そんな時は、設備が整った大きな病院で診てもらう必要があります。

 

大事に至らなくて良かったのですが、

残念ながらヘルペス菌はウイルスが細胞に入り込み駆除できず、

一生付き合っていかなければならないウイルスなのです。

ここまで聞くと絶望的に思えますが、

人間には免疫力があるので体調管理ができればウイルスの増殖を抑える事ができます。

その免疫システムが発動した息子も次回再発症しても軽い症状で済むと思います。

 

疲れたりストレスで発疹ができる方ってけっこう多いと思います。

ヘルペスウイルスは古来から人間と共存している菌なので、珍しい病気ではありません。

しかし、幼児のうちは親がしっかり体調管理してあげないといけないと思いました。

 

パパもヘルペスウイルスに感染して大変な事になった経験があります。

しかし、大きな病院で診てもらえ(初期に行った3軒の病院の診断は風邪でした)症状は完治しました。

そして、転職し体調管理ができる様になってから数年経過してますが一度も症状が出ていません。